2015夏 初心者のあきた白神あるきコラム

トラベルライター/エッセイスト ぶらりぶらりと探す、あきた白神 旅のツボ

 

あきた白神地域は、首都圏からは遠い場所に感じられる。でも、だからこそ旅人がわざわざ出かけていくべき魅力のある場所でもある。旅人が素敵だ!と発見するものは、たいがいささやかにそこに存在するもので、そういった「とっておき」を発見するのが旅の醍醐味だ。そこで、あきた白神地域の旅で「とっておき」を見つけるヒントを、あちこち探しに出かけてみた。

あるいた人 朝比奈千鶴 (トラベルライター/エッセイスト)

毎週末の晩酌が楽しみな昭和生まれのミッドフォーティー。ふだんは国内外のあちこちに取材に出かけ、「暮らしの延長線の旅」をテーマにコラムやエッセイを綴っている。2014年にWEBマガジンの取材であきた白神地域を初めて訪れ、出会った人たちの「秋田の日本酒愛」に刺激される。以来、少しずつお取り寄せをして日本酒に開眼。いつか現地で飲みたいと所望。このたび二度目の来訪で夢叶う。

情熱の日本酒伝道師とおいしい日本酒の旅

第1話「情熱の日本酒伝道師とおいしい日本酒の旅」

トラベルライターという職業柄、あちこちでその場所にその人あり!という地域の「顔」に出会うことが多い。昨年、訪れた能代でも例にもれず、全国の日本酒ファンに知られる酒店があった。日本列島のずいぶん北に…

続きを読む

「白神山地と日本海に抱かれた、蔵元を訪ねる」

第2話「白神山地と日本海に抱かれた、蔵元を訪ねる」

あきた白神地域には2つの蔵元がある。正確にいえば3つなのだが、現在、40代の経営者が酒造りに携わっているのは、八峰町にある山本合名会社と能代市にある喜久水酒造合資会社だ。昨年、能代にある天洋酒店でこの…

続きを読む

「木都、能代の歴史をあるく」

第3話「木都、能代の歴史をあるく」

青森ヒバ、木曽ヒノキと並んで日本三大美林のひとつとされる、秋田杉。大館市から能代港を経て日本海に注ぐ米代川流域の森は、天然秋田杉の産地として知られている。そのため、北前船が行き来していた1600年代く…

続きを読む

「昭和レトロを探して、上町を闊歩」

第4話「昭和レトロを探して、上町を闊歩」

女子が喜ぶスポットがどこかにないかなと、能代の町をうろうろしていたら、能代情報のキャッチアップに敏感なH嬢から「それは、はるちゃんに会ったほうがいいですね」とアドバイスを受けた。早速、はるちゃんこと…

続きを読む

「勢いあふれる、夏の祭りをあるく夜」

第5話「勢いあふれる、夏の祭りをあるく夜」

能代は不思議な町だ。いったい何が不思議と思ったかというと、8月に入ると大きな灯籠が町を流す2つの七夕イベントが続けて行われるから。…

続きを読む

TOPに戻る