八峰町 遺跡

本館城跡

本館城跡

中世の館跡。頂上には南北100m、東西30mの曲輪があり、その周辺に鉢巻き状の段があります。甲州武田一族の武田重左衛門は、武田氏が滅んだ後、檜山安東氏に仕え、野武士を鎮圧するためにこの地に配されたと言われています。また、八森地区の松源院に遺碑が安置されています。

Information

所在地
八峰町八森字倉の沢
お問い合わせ
0185-76-2323(八峰町教育委員会生涯学習課)

Map

GoogleMapで見る