八峰町 祭り

石川の駒踊り

石川駒踊り

五穀豊穣、家内安全、祖先供養・馬霊供養の行事です。

駒は6〜10頭の編成になっており、馬の頭をつけて馬にまたがったように見せます。

踊りは戦国武将が合戦する場面を表し、県内でも有数の勇み駒と呼ばれています。

また、奴踊りは駒踊りの前に踊られ、駒の露払いともいわれています。

石川駒踊りの由来について

石川「駒踊り」は、慶長7年(1602年)に、佐竹義宣が常陸(現在の茨城県)から出羽(現在の秋田県)の国へ領地の国替えとなり、北陸道を通り、出羽の国へ入るまでの道中で主君の旅情を慰めるために家臣たちが演じたことが、始まりとされています。

Information

所在地
八峰町峰浜(石川地区)
交通
JR五能線鳥形駅より車で約10分、秋北バス 大久保岱線、石川停留所下車すぐ
開館時間・開催時期
8月13日
お問い合わせ
0185-76-4100(八峰町観光協会)

Link

Map

GoogleMapで見る