祭り 能代市

能代七夕「天空の不夜城」

noshiro_huyajou_2

一世紀の時を超えて復活した大型城郭灯籠「天空の不夜城」。

城郭型の灯籠を引いて練り歩く「能代役七夕」の歴史を遡ると、天保(1830年)の頃、五丈八尺(17.6m)もある灯籠を夜明けまで引き廻したという記録が残っています。

その後、時代とともに高さが制限され小型化していた灯籠ですが、2013年に文献や写真を頼りに17.6mの巨大灯籠「嘉六(かろく)」が復活しました。

その翌年の2014年には、高さ日本一を誇る24.1mの巨大灯籠「愛季(ちかすえ)」も完成しました。

巨大な2基の城郭灯籠が、能代のまちを鮮やかに彩りながら、太鼓やお囃子とともに練り歩きます。

空にも届くような巨大な灯籠は圧巻!ぜひ皆様でお越しください。

平成30年度開催概要

開催日

 平成30年8月3日(金)・4日(土)

運行スケジュール

17:30~  交通規制
18:45   運行開始
20:00~  揃い打ち、ふれあいタイム
21:00   運行終了
※運行状況などにより時間が前後する場合があります。

場所

国道101号 能代市役所~通町

天空の不夜城チラシ(表面)
天空の不夜城チラシ(裏面)

スナップ写真

Information

所在地
国道101号(市役所~昭南町交差点付近)
開館時間・開催時期
8月3日・4日
お問い合わせ
能代七夕「天空の不夜城」協議会事務局0185-52-6344

Link

Map

GoogleMapで見る