自然 藤里町

峨瓏(がろう)大滝

がろうの滝

絶壁の続く峨瓏峡から藤琴川へ流れ落ちる大滝です。四季折々手つかずの自然が残る渓谷は、森林浴に最適です。

【峨瓏の滝(高さ12m)】
この滝の名前は滝の見える範囲からつけられたものではなく、滝の上流にある峨瓏峡からの流れ落ちることからきているらしい。
峨瓏とは、山が険しくそびえ立っていて、その流れは急流などを意味することから、今は亡き先人たちは奥山に入り絶壁の景観のすばらしい所を「○○峨瓏」と呼んでいたという。(青森県境の釣瓶落峠を釣瓶落峨瓏)
滝のすぐ上流にある峨瓏峡は、清流を中心に両壁は絶壁が続きまさに峨瓏の意味に相応しい絶景が続き、ぜひ散策してほしいルートでもある。
また、滝と深くかかわりのある滝の沢神社は、永年十年(1780)に建立され、祭神は不動明王、火産霊神である。紀行家、菅江真澄もこの地を訪れ和歌を詠んでいる。

【スナップ写真】

IMG_0457 ??????????????????????????????? 峨龍3 藤里町:峨瓏の滝ライトアップ ??????????????????????????????? ???????????????????????????????

Information

所在地
藤里町藤琴字大落
交通
JR二ツ井駅より車で約30分。国道7号線二ツ井から白神山地世界遺産センターを過ぎると右手に看板がある。
お問い合わせ
0185-79-2115(藤里町商工観光課)

Link

Map

GoogleMapで見る