能代市 自然

風の松原

kazenomatubara_1

能代市の海岸沿いに連なる砂防林(さぼうりん)です。その規模は日本最大規模を誇り、東西最大幅1㎞、南北総延長14㎞、面積が約760haで東京ドーム163個分もの大きさです。

人の手で植えられ、育てられてきた約700万本ものクロマツは厳しい海風による飛砂を防ぐため、江戸時代から植栽されたもので、今も能代のまちとそこに住む人々を守り続けています。

ウッドチップを敷き詰めた「健康づくりのみち」や、サイクリングコース、憩いの広場などがあり、見も心もリフレッシュ出来る優しい空間が広がっています。

サンウッド能代(風の松原案内所)では、無料レンタサイクルの貸し出しも行っています。

日本風景100選

  • 21世紀に引き継ぎたい日本の名松100選(日本の松の緑を守る会1983年)
  • 21世紀に残したい日本の自然100選(森林文化協会・朝日新聞社1983年)
  • 森林浴の森日本100選(緑の文明学会・緑の文明総合研究所1983年)
  • 21世紀に引き継ぎたい日本の白砂青松100選(日本の松の緑を守る会1987年)
  • 日本の音風景100選(環境庁1996年)
  • かおりの風景100選(環境省2001年)

風の松原で見られる動植物

キビタキ、オオルリ、イソヒヨドリ、カワラヒワ、コルリ、ジョウビタキ、シマノジコ、コマドリ、リス、ノウサギ、ガマズミ、エゾツリバナ、ツタ、サンショウ、マムシグサ、アキグミ、マルバフジバカマ、マイズルソウ、ハマナス、オオアマドコロ、ミツバアケビ、クサノオウ、オオイヌノフグサ、キタコブシ、ナニワズ、カキドオシ、オオバヤシャブシ、カスミザクラ、シャク

風の松原ガイドの会

自然観察や森林浴をしながら、飛砂からまちを守った風の松原について学ぶことが出来ます。
時期:通年、人数:ガイド1人で10名、時間:1時間~  ※要予約

スナップ写真

Information

所在地
能代市後谷地国有林内
交通
JR五能線能代駅車で約5分、徒歩20分・秋田自動車道能代南I.Cより車で約10分
お問い合わせ
0185-52-3121(安達)

Link

Map

GoogleMapで見る