景観スポット 能代市

七座山

七座山_2

蛇行する米代川を挟んで、きみまち阪と向かい合う七座山は、原始の状態が保たれており、巨木と巨岩が折り重なる野生の森です。

原生林・霧・伝説・信仰を持つ神秘の山で、ふもとの車道を通るだけでもその雰囲気を味わうことができます。

トレッキングも可能です。

原生林の七座山

藩政時代から伐採が禁じられてきたため、原始の状態が保たれており、巨木と巨岩が折り重なる野生の森です。
二ツ井一帯に数多くあった杉美林の中から、秋田藩が直接管理の林としてこの山を選んだのは、米代川が大きく蛇行してこの山を囲んでいるから。つまり、幕府からの緊急の木材納入命令に備えたものと考えられています。
その後国有林となってからも営林署の保護を受け、大正4年に早くも国の景勝林に指定されています。
道の駅あたりからは、七つの峰が連なっているのが見てとれます。

スナップ写真

Information

所在地
きみまち阪展望所付近
交通
JR奥羽本線二ツ井駅から車約5分、または二ツ井白神I.Cより車約5分
お問い合わせ
0185-73-5075(二ツ井町観光協会)

Link

Map

GoogleMapで見る