登山 能代市

ふたつい白神郷土の森【Futatsuishirakamikyodonomori】

R_7ふたつい白神郷土の森と小滝山のブナ林(新緑)4

ふたつい白神郷土の森は、白神山地に接する種梅川源流部に位置している標高350~700mの区域です。面積195.08haのブナ林、白神山地に隣接し、遺産地域と同じレベルのブナ林を楽しめます。

ほぼ全域が60~250年生の天然林であり、このうちブナが80%を占め、これにカツラ、カエデ等の広葉樹が混交しています。

当該地の森林を将来にわたって保全するとともに自然と調和した整備を行い、自然とのふれあいの場として活用することにより、地域の活性化と振興を図る目的で平成7年3月「ふたつい白神郷土の森」に設定されました。

※冬期間(11月下旬~5月上旬)休憩所及びトイレを閉鎖しております。

【標高】

614m

【避難小屋、トイレ】

展望台、休憩所、トイレ有り(登山道入口)

【コースタイム】

登り 30分、60分、90分の3コースあり

【難易度】

【ふたつい白神郷土の森で見られる植物】

ブナ、カツラ、(調査中)

【スナップ写真】

Information

所在地
能代市二ツ井町梅内字岳
交通
JR二ツ井駅より車で約1時間。最後の8kmは未舗装で、通行止めの場合もあります。交通情報は、事前にお問合せください。
お問い合わせ
☎0185-73-5075(二ツ井町観光協会)

Link

Map

GoogleMapで見る