体験型施設 藤里町

白神山地世界遺産センター「藤里館」

白神山地世界遺産センター「藤里館」

世界遺産条約や白神山地の生態や自然環境を、模型やパネル、標本などで学べる施設です。

当センターは、同管理計画に基づき、世界遺産地域の普及啓発を推進するために整備されました。

展示室では世界遺産条約の概念や白神山地の自然に関する展示などを行っておりますので、ご自由にご覧下さい。

白神山地について

白神山地のブナ林は、純度の高さやすぐれた原生状態の保存、動植物相の多様性で世界的に特異な森林であり、氷河期以降の新しいブナ林の、東アジアにおける代表的なものです。

核心的な部分は、1990年に森林生態系保護地域に設定、1992年に自然環境保全地域に指定され、1993年には屋久島とともに日本で初めて世界遺産一覧に記載されました。

白神山地世界遺産センター(藤里館)の概要

延床面積:719m2(RC平屋)
整備内容:事務室、展示室、多目的ホール、ボランティアルーム等
整備年度:1996~1997年度(1998年10月開館)
主な機能:白神山地世界遺産地域の普及啓発

スナップ写真

Information

所在地
藤里町藤琴字里栗63番地
交通
JR奥羽本線二ツ井駅から秋北バス真名子行き約35分、湯ノ沢温泉入口バス停から徒歩すぐ
開館時間・開催時期
9:00〜17:00
休館日
火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
料金
無料
お問い合わせ
☎0185-79-3001(藤里館)

Link

Map

GoogleMapで見る