能代市 観光施設

旧料亭金勇

旧「料亭金勇」は1890年(明治23年)に創業され、現在の建物は1937年(昭和12年)に新館として改築されました。
栄華を極めた材木界の迎賓館として、取引き先の方々をおもてなしするため、天然秋田杉の良材を余すことなく使用した上品な造りになっており、今も見るものを魅了します。

天然秋田杉をふんだんに使用した豪壮な造りで優雅な景観が近代能代の文化と木材加工技術の繁栄を伝える歴史的建造物として評価され、1998年(平成10年)に国の登録有形文化財となっています。

1階中広間の約9mの中杢天井、2階大広間の格天井は一見の価値ありです。
また、常設展示として江戸時代から一子相伝の技により継承されてきた能代の伝統工芸品「春慶塗」(故東山鉱平氏寄贈)を展示しています。

【木都の歴史】

能代市は米代川の河口の町として発展し、秋田杉の製材を中心とした木材加工の町として栄えました。明治中期、秋田木材株式会社を設立した井坂直幹(いさかなおもと)が機械製材を導入してから木材加工業は急速に発達し、市内には製材工場が建ち並びました。製材された材木は国内のみならず海外まで輸出され「東洋一の木都(もくと)」と称されるまで発展しました。

【料金】

見学料

無料

ガイド案内(要予約)

※16:30以降のガイド案内も対応いたします。
※前日までにお申込みください。

案内料

200円/1人、学生無料

案内時間

個人60分、団体30分

【お食事】

希望のお料理とお部屋を手配できます。詳しくは旧料亭金勇HPをご覧ください。
※予約、変更は前日まで

【スナップ写真】

Information

所在地
能代市柳町13-8
交通
JR能代駅より徒歩約15分
開館時間・開催時期
【観覧時間】9:30〜16:30 【部屋貸出し】9:00~21:00
休館日
年末年始(12月29日~1月3日)
料金
入館無料(部屋貸出し、館内案内 有料)
お問い合わせ
☎0185-55-3355(旧料亭金勇)

Link

Map

GoogleMapで見る